読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になるなるブログ

VRや仕事のことなど気になること好きなことを書いてます。

東京ジョイポリスに絶叫ゾンビアトラクションがオープン!ZERO LATENCY VRの世界を体験せよ!

PSVRが23日に再予約を開始しますが、こちらはついにオープン!

東京ジョイポリス in ZERO LATENCY VR

東京ジョイポリスの公式サイトに行くと、
7月19日より予約ができるようになっています!

f:id:sakurai00310:20160719152629p:plain

公式サイト:ZERO LATENCY VR / 東京ジョイポリス

ということで、ついに7月23日にオープンします!
必要な情報だけ早く見たいという人は、こちらからどうぞ。

6人協力プレーでゾンビを倒すマルチプレイゲーム

ZERO LATENCY VR(ゼロ レイテンシー ヴィーアール)

簡単に言えば、みんなでゾンビ倒すぞ!

しかもVR HMDを付けて遊ぶので、まるでバイオハザード
ウォーキングデッドの世界に自分が入り込んでゾンビを倒す!
という素晴らしいVRアトラクションなのです!

これが東京ジョイポリスで遊べるのです!

 

そしてついにZERO LATENCY VRを体験してきました!

受付からゲーム本番まで細かいレポートになったので、よければ参考にごらんください。

 

▼ ZERO LATENCY VRの基本情報
  • 完全予約制
  • 1プレイ:1,800円 ※オープニング価格
  • 年齢制限:13歳以上
  • プレイゲーム:ゾンビサバイバル

オープニング価格っていうのが、正直気になる。
もしかしてある程度経ったら、値段下がる?上がる?

 

こちらが公式の引用。

『ZERO LATENCY VR』(ゼロ レイテンシー ヴィーアール)とは
ZERO LATENCY社(オーストラリア)が開発した“世界初”となるフリーロームで6人同時プレイが可能なVRアトラクションです。
導入時のコンテンツはシューティングゲームを予定しています。

メルボルンにて約1年間「β版」の営業を実施。その圧倒的な没入感によりSNSを中心に話題が広がり、現在予約が困難なほど大ヒットを記録
しています。

今回満を持してその「正式サービス版」が世界初登場となります!

『ZERO LATENCY VR』最大の特徴は、プレイヤーが能動的に動くことが出来る「フリーロームと、他のプレイヤーと協力プレイが可能な
「6人同時プレイ」になります。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を利用した最新のVR技術と、フリーロームマルチプレイという
ゲーム性により、圧倒的な仮想現実への没入感を体験することができます。

ZERO LATENCY社(公式Webサイト):Zero Latency

と、言うことで、聞きなれない言葉がある人は、なんのこっちゃ?
となると思うので、簡単にフリーロームマルチプレイについて解説します。

プレイヤーが自由に行動し遊べるゲーム空間

フリーロームとは、プレイヤーが自由に動き回れるゲーム世界のことです。
分かりやすい例だと、マインクラフトが挙げられますかね。

https://topics.nintendo.co.jp/export/sites/nintendo_topics/images/thumbnail/extra_large/00000085_820_461.pnghttps://topics.nintendo.co.jp/c/article/03400f19-101b-11e6-8360-063b7ac45a6d.html

マインクラフトの場合では、プレイヤーはゲーム世界でクラフトするとか
モンスターと戦うとか、自由に選ぶことができますよね。

そのことをフリーロームと言います。

で、フリーロームマルチプレイと言いますと……
今回のZERO LATENCY VRでは
このゲーム用に作られたフリーローム空間があります。

ここには、最大6人が同時に入ることができ、
それぞれが自由に行動することができるのです!

http://i.nextmedia.com.au/Utils/ImageResizer.ashx?n=http%3A%2F%2Fi.nextmedia.com.au%2FNews%2F20151030094442_image.jpeg&h=480&w=640

外から見ると特定の場所にHMDを付けた人たちがうろうろしてるみたいな。

http://gaming-vr.net/wp-content/uploads/2016/07/vr2-min-1024x512.jpg

http://i2.gamebiz.jp/images/original/39179424577f2410b65a50028.jpg

ただ、VR HMDを付けた人の世界には、仮想現実世界が広がり、
そこで6人同時にゲームのミッションを遂行することになります。

で、今回、東京ジョイポリスにオープンするのは、ゾンビサバイバル!
詳細は以下をご覧ください。

ZOMBIE SURVIVAL(ゾンビ サバイバル)の概要

東京ジョイポリス「ZERO LATENCY VR」第一弾ソフト

f:id:sakurai00310:20160715165351p:plain

▼ ゲームの所要時間は30分

しかし、ゲームの説明で15分あるので、実際のプレイ時間は15分だそうです。
まあでも、15分くらいが丁度いいのかもしれませんね。

フリーロームなので、走ったり歩いたりできるマップだがら、
本気で走り回ったら私の場合、5分で息切れしてすげー疲れると思う(笑)

実際にどれやった人の感想とか動画を見る限りでは、ドキドキワクワク
爽快な感じでプレイしているのが、すごいいいですよねー。早くやりたい。

 ▼ プレイ人数は、1プレイ最大6名

f:id:sakurai00310:20160720104152j:plain
Stepping inside Zero Latency's free-roam, warehouse-scale VR

6人とも友達同士で予約を合わせればプレイ可能。
でも、基本は予約した時間と重なった人と一緒にプレイすることになります。

VR ZONEでもそうだったけど、こういうマルチプレイゲームは
その場で出会った人と一緒に楽しむのも、ご酸味かなと思ってる。

もし私が行くときに重なった人は、ぜひよろしくお願い致します。
(たぶん、めっちゃ叫んでうるさいと思うけど)

▼ プレイ中は、4kgのバックパックPC&2kgの銃を持って行動

http://edge.alluremedia.com.au/m/g/2015/08/SAM_0196.jpg

基本スタイルはこんな感じらしいです。
この画像は海外のデモ版なので、ジョイポリス版だと若干変わってそうです。

http://www.moguravr.com/wp-content/uploads/2016/06/ChloePoseA-Edit-1.jpg

2kgの銃を持つということで、モデルガンさえ持ったことのない私は
果たしてプレイした時に上手く扱えるのだろうか…とか思ったり。
しかし、見た目がとてもかっこよくて、中二心をくすぐりますね(*´Д`)

http://shiropen.com/wp-content/uploads/2016/06/Alienware-VR-backpack-970-80-620x322.jpg
AlienwareのVR向けバックパックPCが登場。豪州VRアトラクション施設の「Zero Latency」と共同開発 | Seamless

ALIENWAREと共同開発のパックパックPCを背負ってプレイ!
エーリアンウェアといえば、最高峰のゲーミングPCを作っている会社です。

6人同時プレイで動き回り、なおかつフリーローム…!
そうしたら、そりゃ使うPCは超高スペックじゃないと、無理ですよね!

エーリアンウェアのPCでVRを遊べるとかめっちゃいいなぁ。
あーはやくZERO LATENCY VRプレイしたいです(*´▽`*)

▼ 動きやすい服装、アクセサリー、メガネは外す!

f:id:sakurai00310:20160720123732j:plain
動き回るアトラクションですので、動きやすい服装でプレイしましょう。
これから夏なので、サンダルになる人も多いでしょうけど、運動靴がベスト!

一応、ジョイポリス側で履物を用意してはいるみたいですけど、
最初から自分が動きやすい恰好で行くのが手っ取り早いですよ!

▽ メガネも外さなきゃいけないが、視力に合わせて調整できる!

地味にすごい技術ですよね。VR HMDもいろんなタイプありますけど
今回ZERO LATENCY VRで使うHMDは視力調整できる!
これならメガネの人でも、安心して恐怖体験ができるね!(笑)

アクセサリー系、腕時計なども全て外さなきゃいけないんで、
専用のロッカーに一時的に預ける形になるそうです。

細かい規約や制限が公式サイトに書かれてますので、
プレイしたいなーと思う人はぜひ、サイトを確認しましょう!

ZERO LATENCY VRは完全予約制

そしていざ、プレイしたい!と思って急にジョイポリスに行ってもだめなんです!
ジョイポリスに入ることは可能ですが、ZERO LATENCY VRは

完全予約制です!

ですので、予約をしてから遊びに行くようにしましょう!

ZERO LATENCY VRの予約方法

まず東京ジョイポリスのZERO LATENCY VRのページにいきましょう。

f:id:sakurai00310:20160719152629p:plain
で、一番下まで行くと、予約ページがでてきます。

f:id:sakurai00310:20160720125414p:plain
そうしますと、「▽ご予約はこちらから▽」と出てくるので
ここからチェックボックスにチェックして、予約ページに飛びましょう。

f:id:sakurai00310:20160720130233p:plain
予約ページがこちら。
7/20時点で、オープン日の23日と24日は満員御礼でございます。
土日はすでに予約も埋まってきているので、土日に行きたい人は早めの予約を!

f:id:sakurai00310:20160720130505p:plain
まずは、このカレンダーから希望日を選んでタッチ。
するとこんな感じで、予約ができる時間帯が出てきます。

f:id:sakurai00310:20160720130623p:plain
ちゃんと、あと何枠空いてるかも書いてあります。
予約が開始された19日時点で、平日は全然空いてましたけど、
たった1日で、平日も埋まり始めてますので気を付けてくださいね!

f:id:sakurai00310:20160720130850p:plain

遊びに行く、日にちと時間を決めたら今度は自分のメールアドレスを入力。
そして、プレイヤー数を入れます。

f:id:sakurai00310:20160720131132p:plain
ちなみに最初からプレイヤー数を選択してから選ぶ方法もあり!
大人数の人は、それで検索したほうがいいですねー。
現時点で、6枠となると平日しか空いてません。

f:id:sakurai00310:20160720131518p:plain

その平日でさえ、限られた時間しか空いてないので
友達と大人数で行くときは、狙ってとらないと無理そう。

f:id:sakurai00310:20160720131934p:plain

ちなみにクーポン及びチケット番号は、特になければそのまま空白で!
全ての入力が終わったら、利用規約にチェックし、下の「予約して支払いへすすむ」へ!

f:id:sakurai00310:20160720132456p:plain

そのあとは、必要事項を入力して予約。

 

そして完了!

▼ ZERO LATENCY VRの支払いはクレジットカード or PayPalのみ! 

なので、未成年の方とか、クレジットカードがない方はちょっと厳しいですね。
当日販売はなく、当日ZERO LATENCY VRの支払いは現金ではできないそうなので
これを気にクレジットカードを作るか、クレカを持っている人に頼むかですかね?

▽ もし1人ひとりの支払いにしたい場合は、それぞれで予約する感じですかね。
色々と手続きとか大変なんで、事前決済は私としてはありがたい。

 

▼ 予約をするときの注意点

  • 予約はクレカorPayPalオンリー、現金の支払いはできない。
  • キャンセルによる返金不可(いかなる理由でも返金しないそう)
  • 東京ジョイポリスご入場には別途料金がかかる。入場券または各種パスポートをご購入ください。
  • メンバー全員のEメールアドレスや名前・身長・利き腕等の入力が必要。(現地での修正も可能ですので分かる範囲で入力してください。)

ということで、予約はこんな感じでできます。
オープン前の今なら、比較的予約がしやすくなっているので、今すぐどうぞ!(笑)

 

ちなみにちなみに!!!

▼ 予約できる日は、期間が決められています。

7月19日(火):7月23日~31日
7月25日(月):8月1日~14日
7月28日(木):8月15日~31日

8月1日(月):9月1日~14日

というような感じで決められてますので、夏休みに行きたいな~
と思っている人は、早め早めに予定を決めるようにした方がいいですよ( `ー´)ノ

 

とりあえず、23日の正式オープンが待ち遠しい!
23日前後で、ニュースになるだろうから、その情報も待ちつつ…
早く体験談とか、レポート動画が見てみたい!

そして、私は8月15日にプレイしにいくぞ!

 

ではでは、超長文にお付き合いいただきありがとうございました。
皆様のZERO LATENCY VRに幸あれ!

 

あと、マスコミ向けにプレオープンしたみたいで、体験レポがありました。

すごい丁寧に書いているので、私的には楽しみが増しました!

 

今までのVR情報 記事一覧