読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になるなるブログ

VRや仕事のことなど気になること好きなことを書いてます。

サムスンに買収された次世代AI「Viv」の今後が心配

AI

こんにちは。私の中で衝撃だったニュースを今日は紹介します。

サムスンが次世代人工知能「Viv」を買収

最近何かとお騒がせのサムスン。そんなサムスンが次世代AI「Viv」を開発した会社を買収したとのニュースを見て、震撼しました。

「Viv」と聞いてどれだけの人が知っているかは微妙なところですが…。最近でいえば、やりすぎ都市伝説スペシャルで都市伝説マスターの関さんが話題に挙げて、ちょっと有名になったかなと思います。気になる人は検索してみるといいかも。

Siriを超える次世代AI「Viv」

で、そんなVivですが、身近なAIであるSiriを開発した人たちが作った人工知能です。

http://cdn.mos.techradar.com/art/software/Viv-970-80.jpg

そのVivの性能は、Siriをも超えると言われています。具体的に何ができるの?って感じですけど…。

Vivの開発者である、Dag Kittlaus氏によると…

  • 天気を調べる
  • ある人に花を贈る
  • タクシーを予約する

といったことがデモ版でされたそう。これだけだと、Siriにも同じようなことできるじゃねーかと思われそうですが…。ViVの真骨頂はそこではなく、複雑な問いかけに、しっかりとした文脈で理解し返答し、対応する…という点なんです。

SiriとVivの違い

Siriの場合、ある程度の問いかけには答えることが可能です。しかし、そこから対応するとなると、人的な行動が必要になる部分があります。

アラームのセットくらいは、音声でピピッと行けますけど、「〇〇さんに花を贈る」とSiriに言った場合、おすすめの花屋は検索できても、その後の選んで送る作業は、自分でしなきゃいけませんよね?

それをVivは、「〇〇さんに花を贈る」という言葉を理解し、アプリと連携、そして実行するんです。

そこがSiriとの違いですね。実際、Siriも、今後はそういった対応ができるようになるのは分かっていますが、ViVはその1歩先を行く人工知能なんです。

で、さらにVivは学習していく人工知能なので、実際にリリースされるころには、デモ以上の賢さになってる可能性がありますね。

「ViV」のデモ動画

Dag氏が軽快にトークして、デモしてる様子の動画があるので良ければご覧ください。

www.youtube.com

根本的な開発思想が違うViv

でまぁ、Dag氏曰く、SiriとVivでは、開発の思想が違うようで…。

Siriはひとつのアプリとして動作するAI。
そしてViVは、デベロッパーが作成した、アプリに組み込めるような仕組みを目指したAIだということです。

ちょっと何言ってるかよくわかりませんが…。っていうのは嘘で…。

問いかけられてマスターに情報を提供し行動するSiri。そのSiriの機能はそのままに、Vivはさらに他のアプリやソフト、もしくは他のAIと共同し、マスターの行動を先読みして動く人工知能みたいなことかな。

マスターの思考の先読み…は、まだ先になるだろうけど、「〇〇をしてくれ→OKやっとく」っていう流れは確実にできるはずですね。

 今後の検索は音声認識ツールがマストになる

ということで、これから何かを検索したり、やってほしいことがあれば、音声認識ツールは、確実にスタンダードになる機能になると予測されています。

それもそのはずですよね。全てに対応してくれるAIが登場すれば、AIに話しかけてなんでもやってもらえばいいんですもん!ということで、ついに私が思い描いていた、ゲームウォーズやコナンのベイカーストリートのような世界が、またひとつ近づいているんですねー。

ってそんなことを思っていた矢先!衝撃の話が舞い込んできた。

絶賛爆発中のサムスンに買収されVivの今後が不安すぎる

それが冒頭にいった、Vivのプラットフォームをサムスンが買収したという話です。

もともとVivは、GoogleFacebookからも買収の声がかかっているといううわさが、5月の時点であったんですけど…。まさか、まさかの…サムスン

いや、サムスン別に嫌いじゃないですよ?VR HMDだって積極的に参加して創ってるし、そこそこのクオリティあると思ってますし。でも、こんな事件が合ったのは、知っていますかねぇ。

発売したギャラクシーノート7を購入したら、爆発または炎上するという事件…。
詳しいことは、ニュースサイトを見てほしいんですが、各国で先に発売され、色々とトラブルがあったんですね。一時期、結構話題に上がってましたが、ついに日本での販売もなくなり、そして今回ついに、生産自体を停止すると発表したそうです。

まあ、そりゃそうだろうな、と。

チャイナボカンよりも、殺傷能力ありますからね…。しかも高確率で…。

S6くらいまでは、まあまあ、という感じでしたけど…S7でこの大惨事を起こしちゃってる辺りが、不安なんですよね。だって、初めてスマホ作った会社じゃなく、それなりに実績残してきたはずの企業が、こんなやらかしたら、普通信用できなくなります。

ということがあったもんだから、サムスンにVivが買収されたのが、不遇でならない。
いや、不遇というか…不安しかない。

Vivの成功が、今後のAI時代に大きく関わってくると思っているので、ここでサムスンにつぶされたら本当に嫌だなーっていう個人的な考えです。まあ、言うてもそうはならないとは思うんですけど…。でもどうせ買収されるなら、Googleにしてほしかった。Facebookは…まあ、うん。

ギャラクシーS8に「Viv」が搭載されるかも

で、そんなサムスン。今日、ギャラクシーS8の噂が入ってきました。

このニュースによると、次にサムスンから発売されるだろう、ギャラクシーS8に、Vivが搭載されるんじゃないかと言われています。あくまで噂段階なので何とも言えませんけど…。どうなることやら…。

そもそもS7でこんだけ失態晒してるから、S8にも不安が残るという。

音声アシスト機能の今後がかかってるんで…本当にサムスンには「Viv」を大事にしてほしいですというのが、私の願いです。